記事一覧

F1と腕時計と、地中海の青い海と空に想う──たかがモナコ、されどモナコ。

ラスカス・コーナーからコースに〝侵入〟した記者は、モナコ湾に停泊する豪華客船やクルーザーを右手に眺めながら、プールサイド・シケイン、タバコ・コーナーを軽やかに駆け抜けていく。オーデマピゲ スーパーコピーモータースポーツファンならお気付きのとおり、ここはフランス南部にあるモナコ公国の4つの地区の一つ、モンテカルロに位置するストリートサーキットのコース上。記者はいま、F1モナコGP(グランプリ)のコースを、レースとは反対回りにランニングしているのである。ついさっきまで霧が立ち込めて肌寒ささえ感じていた。けれど、陽が差し込んだ途端、海は灰色から鮮やかなブルーに表情を変え、キラキラと輝きはじめた。気温は18度。ランニングには好適だ。やがて、さらに日差しが強くなって汗が噴き出す。約15時間のフライト直後ということもあって脚は重いのだが、不思議と苦しくはない。仕事を終えたマーシャルたちがコースサイドから、汗だくの記者に手を振ってくれる。ヌーベル・シケインからトンネルを抜け、左カーブを緩やかにのぼった記者がローズ・ヘアピンに到着したのは、2023年4月24日(金)15時ごろ(現地時間)。180度近く曲がり込んだ、F1モナコGPの名物コーナー、ローズ・ヘアピンである。セナ vs マンセル、名勝負の舞台を走った記者にとってF1モナコGPといえば、1992年。マクラーレン・ホンダのアイルトン・セナとウィリアムズ・ルノーのナイジェル・マンセルによる火花散るバトルが忘れられない。開幕から5連勝、マシン性能で圧倒的に有利なマンセルと、それを必死にブロックして抜かせないセナ。F1史上に残る名勝負、残り7周のあのドッグファイトの舞台がここ、モナコだった。しかも、いまぼくが走ってきたトンネルには、午前中に予選を終えたマシンが残していったタイヤカスがゴロゴロと転がっていたではないか! 荒法師が音速の貴公子を追い詰めたあのモナコのバトルをテレビ中継した三宅正治アナの名セリフ、「どんなにしても抜けない。ここはモナコ、モンテカルロ。絶対に抜けない!」が生まれたあのモナコを走っている! この興奮、伝わるだろうか。記者がモンテカルロにいる理由は、2011年からモナコGPの公式パートナーをつとめるタグ・ホイヤーの招待で、「F1 2023シーズン第6戦モナコGP」を取材する機会を得たためである。各国メディアとセレブたちを招くツアーに日本から参加したのは、『FASHION』を含めてわずか2媒体。ブランドのアイコンウォッチ「モナコ」の誕生50周年を記念した特別モデルの発表の瞬間に立ち会えるという機会に恵まれたのだ。モーターレーシングと深いかかわりをもち、モーターレースとの結びつきを通して名声を高めてきたタグ・ホイヤーにとって、モナコが特別な場所であることは、昨日今日のことではない。ツアーにはF1観戦だけでなく、モナコ大公自動車博物館で開催中の「タグ・ホイヤー モナコ50周年展示会」のプライベート鑑賞も含まれていた。ここからは時系列で、メディアツアーの様子をリポートしていきたい。「ホイヤー モナコ キャリバー11 クロノグラフ」63万円。左リュウズ仕様はスティーブ・マックイーンが映画で着用した初代モナコの復刻版。50周年を象徴するモデルだ。DAY1:50周年を祝う特別なモナコモナコ湾に突き出たレーニエ3世通り沿いに係留するタグ・ホイヤーのヨット「シードリーム号」がツアーの宿であり、旅の拠点となる。ヨットからクルマで移動すること30分、タグ・ホイヤーがモナコ50周年を祝う特別なモデルの発表の場に選んだ「Villa Key Largo(キー・ラーゴ・ヴィラ)」に着くと、日が沈んだ地中海Most Popularニューバランス「550」の“Hemp”は夏らしく涼しげ!By Guillermina Carro1980年代のシューズからインスパイア! オニツカタイガーの新作「X-CALIBER」By 篠原泰之 (FASHION)新型トヨタ・タコマが登場!By 稲垣邦康(FASHION)の空は赤みがかった紫色に変わっていた。 このヴィラに集まったのはF1アストンマーチン・レッドブル・レーシングチームのドライバーであるマックス・フェルスタッペン、ハリウッドスターのパトリック・デンプシー、トップモデルのベラ・ハディッドとウィニー・ハーロウ、そしてサーファーのカイ・レニーといったセレブたちだ。ここで50周年を祝う特別なモナコの第1弾としてお披露目されたのが、1970年代のスタイルにオマージュを捧げたモデルである「1969-1979 リミテッドモデル」。

601.NX.0173.LR.1704 スピリット オブ ビッグバン チタニウム ダイヤモンド

601.NX.0173.LR.1704 スピリット オブ ビッグバン チタニウム ダイヤモンド|ウブロ

型番601.NX.0173.LR.1704

機械自動巻き

材質名チタン

宝石ダイヤモンド

タイプメンズ

文字盤色シルバー

外装特徴シースルーバック

ケースサイズ51.0×45.0mm

機能クロノグラフ

デイト表示

付属品内・外箱

ギャランティー

全く新しいトノウケースを備えた「スピリット オブ ビッグバン」。

従来のビッグバンシリーズとは意匠は異なりますが、その魂は受け継がれています。

ムーブメントにはウブロとゼニスがコラボレートして生まれた”HUB4700”を搭載。

名機エル・プリメロをベースに新しいデザインを作り上げました。

こちらはチタンケースの全面にダイヤモンドをセッティングした豪華絢爛な一本です。

ロレックス コスモグラフ デイトナ スーパーコピー ウォッチ_ M116505-0008

ロレックス コスモグラフ デイトナ スーパーコピー ウォッチ_ M116505-0008

ロレックス コスモグラフ デイトナ ウォッチ_ 18 ct エバーローズゴールド - M116505-0008

18 ct エバーローズゴールドのオイスター パーペチュアル コスモグラフ デイトナは、ブラック/ピンクダイアルとオイスターブレスレットを備え、18 ct エバーローズゴールドタキメーターベゼルが特徴的である。

このクロノグラフは、我慢強いレースドライバーの究極の計時ツールとなるようにデザインされた。コスモグラフ デイトナは、誕生から50年以上経ってもなお、スポーツクロノグラフにおける比類なき存在として君臨し、時間を超越し続けている。

モデルケース

オイスター、40 mm、エバーローズゴールド

オイスター アーキテクチャー

モノブロックミドルケース、スクリュー式裏蓋、リューズ

直径:40 mm

素材

18 ct エバーローズゴールド

ベゼル

固定式、タキメーター、18 ct エバーローズゴールド

リューズ

スクリュー式、トリプロック(三重密閉構造)

クリスタル

傷防止サファイア

防水性

100 m/330 フィート防水

ムーブメント

パーペチュアル、機械式クロノグラフ、自動巻

【関連記事】:腕時計スーパーコピー優良店

コメント一覧

フリースタイル シャ 2023年12月01日(金)17時56分 編集・削除

サーフスタイルのシャークは、ある世代にとって究極のスターターウォッチだった

ウブロ ベルト 2023年12月11日(月)17時26分 編集・削除

ウブロの腕時計には、様々な素材やデザインのベルトが用意されており、カスタマイズが可能です。

1979 年 腕時計 URL 2024年01月16日(火)20時44分 編集・削除

1979年、腕時計のセイコー( )登場によって、私たちの生活は大きく変わりました

歴史的なファッション URL 2024年02月27日(火)07時39分 編集・削除

時代を彩ったファッション雑誌で特集された歴史的な時計モデルを紹介。

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー