記事一覧

ラグジュアリーな色と素材合わせで独自の存在感を示すスポーツコレクション×ホワイトダウン

ダウンベスト23万9800円/キーレッド、ニット9万9000円/クルチアーニ(以上ストラスブルゴ) サングラス3万1900円/フォーナインズ・フィールサン(フォーナインズ)
スポーティでありながら、しっかりラグジュアリーな雰囲気漂うのがグランドセイコーのスポーツコレクションの魅力。ジラール・ペルゴ 時計ここで着用した「SBGC242」は18Kイエローゴールドやセラミックスといったリッチな素材使いにより、そうした美点がより味わえるだろう。

43.8㎜のケースサイズに加え、入念に仕上げられた12角形のベゼルなど立体的な造形により、遠目にも存在感があるのもいい。冬場は写真のようにボリューミィなアウターを着ることが多くなるが、そうした中でもしっかり主張してくれる。ここではダウンベストとニットをピュアな白で揃えたが、こういうノーブルな色合わせだとグランドセイコーのクラス感が一層際立つことも覚えておきたい。


【スポーツコレクション SBGC242】
ステンレススチールをベースに、随所のパーツに18Kイエローゴールドを使用。ベゼルには耐傷性に優れた艶やかなセラミックスをセットし、スポーティながらも華やぎや大人の色気を感じさせる。ベゼルはインデックスと呼応するように12角形とされ、どこか力強い印象があるのもいい。搭載するムーブメントはスプリングドライブに、クロノグラフとGMTをプラスしたCal.9R86。そんな多機能モデルならではの存在感あるデザインも、アクティブなビジネスマンの腕に相応しいと言えるだろう。スプリングドライブ。径43.8㎜。厚さ16.1㎜。ステンレススチール+18Kイエローゴールドケース(一部セラミックス)&ステンレススチールブレスレット。


【関連記事】:http://wonderfully.top

レディバード記念の年。ブランパン- ウーマンコレクション プレバーゼル


ブランパンはレディバード誕生60周年を記念する2016年に、60本限定の商品「ウーマン レディバード ウルトラスリム」を発表します。


  1956年の発表当時、レディバードには市場で最も小さな丸型機械式ムーブメントが搭載されていました。当時は小さなサイズのモデルがもてはやされていた時代だったのです。ブランパンの熟練した時計職人は、ありとあらゆる創意工夫を凝らし、機械式時計の部品を小型化することに成功しました。これはまさに本物の技術力の証です。



2016年はこのモデルの60周年記念の年です。この記念すべき年に向けて、ブランパンは、ロマンチックな2月のセント バレンタインモデルを皮切りに、いくつかのモデルを発表します。バーゼルワールドのウィンドウディスプレイでは、マニュファクチュールの職人が新たに解釈したモデルが皆様をお出迎えします。今年のモデルは、光のコントラストが美しい優美な文字盤と入念な細工に特徴があります。レディバードのストラップには、このモデルのためだけにサイズの小さいルイジアナのクロコダイルの革を使用し、特別な美しい仕上げを施しました。


  レディバードの誕生60周年をお祝いし、この時計は限定60本が生産されます。ベゼルには32個のダイヤモンドをあしらい、文字盤には8個のダイヤモンドがセッティングされています。文字盤の上ではドロップ型の針が回ります。ケース径は21.5mmのホワイトゴールド製で、シリコン製ヒゲゼンマイを採用した自社製自動巻ムーブメントを搭載しています。


【関連記事】:ベーシックかつ上品なデザインで、世界中のハイクラスな女性達を魅了し続けるCELINE(セリーヌ)

アイコンウォッチを継承したデザインと、最新テクノロジーが融合した「ビッグ・バン e」

「アート・オブ・フュージョン(異なる素材やアイデアの融合)」をブランドコンセプトに掲げるスイスの高級ウォッチブランド、ウブロ(HUBLOT)。hacopy 口コミ世界で最初にゴールドとラバーを組み合わせたウォッチを発表するなど、他にはないユニークな発想でクリエーションを追求しています。

そんなウブロが発表した最新コネクテッドウォッチ「ビッグ・バン e」も、実に斬新!

スクリュー(ねじ)やプッシャーのデザイン、傷がつきにくいサファイアクリスタルの風防、ライン入りのラバーストラップ、独自開発のフォールディング・バックル、特許取得済みのワンクリックで交換可能なベルトシステムなど、アイコン時計として知られる「ビッグ・バン」を継承したデザインは、ひと目で「ウブロ」とわかるルックスです。

時間表示はアナログ、アートを含めた4種類。伝統的なコンプリケーションウォッチの複雑機構を再解釈した、ムーンフェイズ機能を備えたパーペチュアルカレンダーと、地球儀をそのまま落とし込んだデザインのセカンドタイムゾーン表示(GMT)が搭載されています。

Wear OS by Google™を装備しているので、Google Playで扱われているアプリをダウンロードでき、Google Assistantで知りたい情報にアクセスしたり、Google Payを使ってキャッシュレス決済することも可能です。

付け替えストラップを揃えたくなる!8色に変化するアートなダイアル



8色にダイアルカラーが変化する「ビッグ・バン e」
「ビッグ・バン e」の高解像度タッチスクリーンを兼ねたサファイアクリスタルの風防は、スムーズなスワイプ操作ともに、ウブロならではの遊び心に満ちたダイアル表示を実現しています。

とりわけユニークなのは、3時間ごとに変わるダイアルカラー。

ストーリーテリング・アーティストのマーク・フェレーロのイマジネーションに由来した「ハッピーイエロー」、「オレンジダイナマイト」、「ラッキーグリーン」、「マジックレッド」、「マジックブルー」、「オールホワイト」、「ブラックマジック」、「レインボースピリット」の8色をベースカラーに、時刻やアートクリエーションが表示されていくのです。

ストラップがワンクリックで付け替え可能なので、お気に入りのダイアルカラーやその日のファッションに合わせてチェンジするのも楽しいですよね。

また、1時間ごとに5秒間の動画が表示されるという斬新な仕組みにも、ウブロらしい遊び心が感じられます。スーパーコピーさらに今後は、ブランド・アンバサダーや親交のあるアーティストによるダイアルも順次公開される予定だそう。

「ビッグ・バン e」の魅力がより伝わる動画も、ぜひチェックしてください。

【おすすめの関連記事】:http://turunokengouu.top

2021新作 過去への架け橋、未来への展望。ジラール・ペルゴ「スリー・フライング ブリッジ トゥールビヨン」


 1867年、ジラール・ペルゴは「スリー・ブリッジ トゥールビヨン」を発表し、ここに一つの象徴的な時計が誕生しました。従来は目立たぬように組み込まれる機能部品だったブリッジが3つも前面に出て、美的な要素となったのです。この決断により、ジラール・ペルゴは見えないものを見えるようにするマニュファクチュールとして知られるようになりました。このアプローチは、ジラール・ペルゴのその後の複数のモデルで採用されました。新しいスリー・フライング ブリッジ トゥールビヨンによって、ジラール・ペルゴはこのデザイン哲学を、若干の魅力的なひねりを加えながら永遠のものとしています。

 2021年は、ジラール・ペルゴの創業230周年にあたります。これを記念し、このマニュファクチュールはブランドを象徴するモデルに新しい解釈を加え、現代性に溢れた、多くの新作を発表する予定です。スリー・フライング ブリッジ トゥールビヨンには、ピンクゴールド製の3つのネオ ブリッジが備わります。ネオ ブリッジが3つともこの素材になるのは、今回が初めてです。2020年に発表されたフリー ブリッジに続く、この新しいスリー・フライング ブリッジ トゥールビヨンは、興味深いことに、ブリッジ コレクションに加わる最後のサブファミリーとなる予定です。

 3つのブリッジは、輪列、香箱、トゥールビヨンを支えているだけでなく、地板の役割も果たしています。その結果、ブリッジは空中に浮かんでいるように見え、まるで重力の影響を受けていないかのようです。こうした独特な構造とするためには、インデックスをフランジに取り付け、さらにフランジをケースに取り付ける必要がありました。



 ピンクゴールド製ブリッジの上面と下面には、ブラックPVDコーティングが施されています。これは、誇示するような派手さとは対極にあります。各ブリッジの細い側面だけがピンクゴールドのままとなり、この素材が使われていることが理解できるようになっています。実際、このブリッジには「きわめて控えめなラグジュアリー」という表現が当てはまり、知る人ぞ知る貴重性となっています。各ブリッジは、小さな柘植材の工具を使って、手作業で入念に面取りが施されます。これは何百年も採用されてきた技法で、完璧な仕上がりにするには、熟練の職人でも丸1日がかりとなります。現代的に見えるスリー・フライング ブリッジ トゥールビヨンですが、それでも高級時計にふさわしく、伝統的な技法が数多く駆使されています。

 ジラール・ペルゴのCEO、パトリック・プルニエはこう述べます。「私たちがつくりたいと考えたのは、過去への架け橋となりながら、同時に未来へのビジョンを示すような時計でした。職人や時計師の技能を駆使しながら、伝統的な技法と革新技術を組み合わせたような時計です。スリー・フライング ブリッジ トゥールビヨンは立体的な構造をしており、通常は奥に隠れている多くの部品を眺めることができます。当初から、ジラール・ペルゴは見えないものを見えるようにしてきました。今後230年間も、この路線で行けたらよいと思っています。しかし、私たちのチームは少しひねりを加え、ブリッジをゴールド製としながらも、側面以外はブラックPVDで覆うことにしました。これこそラグジュアリーの名にふさわしい贅沢の代名詞ともいえる特徴は、目の肥えた人を除き、普通の人なら見過ごしてしまうでしょう」

 この時計の顕著な特徴の一つは、文字盤のさまざまな要素を異なる高さに配置した、三次元的なフォルムをしていることです。これは世界屈指の精緻な建築物にも共通して見られる特徴です。複雑であるにもかかわらず、文字盤は美しく、すっきりとして視認しやすく、香箱、輪列、トゥールビヨンが南北の軸に沿って並べられています。香箱は時計の上部に配され、その下に取り付けられたホワイトゴールド製マイクロローターが手首の動くエネルギーを動力化します。ブルガリ 時計 アルミニウムローターの垂直な側面には、時計のモデル名が刻まれており、このマニュファクチュールの細部へのこだわりを完璧に物語る巧みなディテールとなっています。


 トゥールビヨンは時計の下部に配置されています。トゥールビヨンケージは19世紀にさかのぼる伝統的なデザインである竪琴の形をしていますが、この時計では最先端のグレード5のチタンでできています。ケージに取り付けられたブルーの針は、1分間に360°回転し、スモールセコンドの役割を果たします。トゥールビヨンケージは79個の部品で構成されていながら、重さは0.25gしかありません。この驚くほどの低質量により、エネルギー消費が抑えられ、ムーブメントのパワーリザーブは圧巻の60時間以上に達します。

 文字盤上に置かれたサファイアクリスタルは、側面がゆるやかに傾斜し、カーブしながらミドルケースの外端へと落ちているので、このモデルでは通常のベゼルは使われていません。この魅力的な美観を実現するために、通常のサファイアクリスタルの4倍から5倍の材料が用いられています。さらに、クリスタルボックスを研磨して完璧に仕上げるには、優れた技能が必要となります。驚くべきことに、この時計の上部を覆うサファイアクリスタルをつくるために、熟練の職人は大きな努力を払って練習を繰り返し、似たようなクリスタルボックスをつくらなければなりませんでした。スリー・フライング ブリッジ トゥールビヨンに上部・下部クリスタルボックス サファイアクリスタルを取り付けることで、このジラール・ペルゴのモデルには調和の取れた対称性が備わっています。

 スリー・フライング ブリッジ トゥールビヨンは、世界各国のジラール・ペルゴ正規販売店で販売されています。

【おすすめの関連記事】:http://jacketstenpo.top

ブルガリ(BVLGARI)が誇る芸術時計


ブルガリは、高級宝飾品ブランドです。発表されるシリーズはいずれも個性的ながらも上品さを兼ね備えていることが大きな特徴で、ひと目惚れして愛用する方も多くいます。 特に、代表的なシリーズの「ブルガリ・ブルガリ」は、ブランドステータスをアピールしながらもいやらしさがないことで人気です。



手元からスタイリッシュな印象が与えられるブラックダイヤルに着け心地のよいシルバーケースを合わせたメンズ腕時計。オンでもオフでも着用できるのが魅力です。

キャリバーには自動巻きムーブメントを搭載。3時の位置にデイト表示も設けられており、使い勝手も良好です。風防にサファイアクリスタル、ケースにステンレスを採用し、耐久性にも優れています。



航空や宇宙技術で用いられることがあるマグネシウムとポリエーテルエーテルケトンをケースの素材に採用しているのが特徴。耐衝撃性と軽量性に優れるメンズウォッチです。。

レッドのダイヤルにブラックのスモールカウンターを3つ搭載しているのがポイント。シルバーのインデックスは暗闇で光る仕様になっており、視認性も優れています。スポーティなデザインが魅力で、プライベートシーンでの着用におすすめのアイテムです。


【関連記事】:http://coachjp.top/

ヴァシュロン・コンスタンタン《新しく甦る歴史的名作の世界観》

世界から総勢65ブランドが出店する日本最大級の時計展「三越ワールドウオッチフェア」。限定品、稀少モデルなどとともに奥深き時計の魅力にドップリ浸れる13日間は8月15日(水)からスタート! その前に、今回の注目モデルをフライング・チェックする。

VACHERON CONSTANTIN
ヴァシュロン・コンスタンタン/フィフティーシックス・オートマティック



9月発売予定。K18PGケース、40mm径、自動巻き。213万円[予価]/ヴァシュロン・コンスタンタン︎ 0120-63-1755
260年以上の歴史を持つ世界最古の時計メーカーにあって、1956年に登場した同社初の自動巻き腕時計「ロレックス腕時計ラクマ」は、信頼性の高い機械とレトロモダンなデザインで名作の誉れ高い。

最新作「フィフティーシックス・オートマティック」は、その歴史的モデルを現代的に甦らせた1本。シースルーバックから覗く新型ムーブメントは実用性に加えローターのオープンワークが美しい。歴史そのものを纏う喜びをぜひ堪能してほしい。



SSケース、44mm径、自動巻き。120万円/日本ロレックス 03-3216-5671
3900m防水性能にして飽和潜水が可能なハイエンドダイバーズに今年、待望の新作が登場。

耐衝撃性に優れ、パワーリザーブ約70時間を誇る高性能キャリバー3235を搭載し、幅広になった新ブレスレットに伴い、クラスプもリサイズされている。

そして、映画監督でもあるジェームズ・キャメロン氏のマリアナ海溝の海洋最深部到達を記念し、2014年に発表した“D-ブルーダイヤル”をセット。ロレックス レプリカディープブルーから漆黒への美しいグラデーションが、夏の海と太陽に映えるはずだ。


【関連記事】:パディントンのバッグや財布は定番アイテムとして幅広い層に人気がある。

日常を特別に彩る、ルクルト、フランク、ゼニスの定番&新作腕時計

PREMIUM BRAND × DAILY STYLE
Time is Beautiful 〜日常にある、プレミアムな時間〜
“いい時計”というのは、着けていることで時間そのものも特別にしてくれる。そんなスペシャルなタイムピースを腕に据え、さて、今日はどこに行く?

JAEGER-LECOULTRE
ジャガー・ルクルト
JAEGER-LECOULTRE POLARIS CHRONOGRAPH
ジャガー・ルクルト ポラリス・クロノグラフ


K18PGケース、42mm径、自動巻き。264万5000円/ジャガー・ルクルト 0120-79-1833
1968年に作られた傑作ダイバーズウォッチ「メモボックス・ポラリス」に着想を得た新コレクション「ジャガー・ルクルト ポラリス」。

そのクロノグラフモデルをカジュアルに楽しむ。伝統をアレンジしてモダンを生み出す手法は、どこかジャズを思わせる。

長い歴史と確かな技術を築いてきたブランドならではのクリエイション。フランクミュラー レディースピンクゴールドのケースに茶のアリゲーターストラップが織りなすエレガンスが普段着をプレミアムに彩る。

REVERSO CLASSIC MEDIUM THIN
レベルソ・クラシック・ミディアム・スリム



SSケース、縦40.1×横24.4mm、手巻き。58万5000円/ジャガー・ルクルト 0120-79-1833
時代やトレンドといった外的要因に影響されず、変わらない美しさを放つ「レベルソ」。

言わずと知れた角型腕時計の代表で、1931年の誕生以来、ほぼ変わらぬ姿で21世紀に暮らす我々を魅了する。こちらはそのクラシックモデル。

精緻な自家製ムーブメントはもちろん、ダイヤルのギョーシェ彫りやケースのゴドロン装飾など、繊細な味付けが奏でるハーモニーに息をのむ。未来永劫、これが価値ある時を刻むことは間違いない。

FRANCK MULLER
フランク ミュラー
LONG ISLAND PETIT PASTILLE
ロングアイランド プティ パスティーユ



K18PGケース、縦25×横18mm、クオーツ。125万円/フランクミュラーウォッチランド東京 03-3549-1949
女性が着けたのは、人気の「ロングアイランド」コレクションの新色。

シャンパンカラーのダイヤルにはビザン数字のインデックスが躍るように配置され、その中央でダイヤモンドが煌めく。オレンジのクロコダイルベルトとともに快活さを思わせる。

ケースは曲面フォルムのカーベックス形状で、華奢な女性の手に優しくフィットする。太陽の下、アクティブに出かける日によく似合うのは見た目だけではない。

【関連記事】:自分だけのひと品を見つけたい人におすすめ

ロマンを追い、羽ばたいた男たちのように。“空とツナガル”腕時計

視認性と操作性の発展に大きく貢献したのが、パイロットのための計器であった航空時計の存在。大空を飛び回ってきた出自や背景を腕元で堪能しながら、その使い勝手に人知れず酔うのが、「空時計」との正しい“ツナガリ方”かもしれない?

BELL & ROSS ベル&ロス
BR V2-94 レーシングバード
オレンジ&ブルーを利かせた爽やかなスタイリング



SSケース、41mm径、自動巻き。54万円/オールブルー 03-5977-7759
ベル&ロスのデザインスタジオから生まれた優美な飛行機、「BRバード」がインスピレーションソース。ホワイトダイヤルにブルーとオレンジの挿し色が利いており、ありそうでなかった爽快なパイロットウォッチに仕上がっている。クラシカルな横目の2カウンタークロノグラフを搭載する。

HAMILTON ハミルトン
カーキ パイロット デイデイト オート
航空時代の幕開けを告げた古き佳き時代へのオマージュ



SSケース、42㎜径、自動巻き。9万8000円/スウォッチ グループ ジャパン 03-6254-7371
1918年、米国初の定期航空便の公式時計を担った実績のあるハミルトンの最新作。視認性の高い文字盤や12時位置のデイ表示は、20世紀初頭のアナログ式操縦計器を彷彿させ、まるで往時の空気感を閉じ込めたようなヴィンテージデザインである。

BREITLING ブライトリング
ナビタイマー スーパー 8 B20 オートマチック 46
歴史の重みを感じる実用に特化したディテール



チタンケース、46mm径、自動巻き。64万円/ブライトリング・ジャパン 03-3436-0011
本作のモチーフになっているのは、1930〜’40年代に爆撃機パイロットが太腿に巻いて使用していたというストップウォッチ。簡潔なダイヤルデザイン、操作性の高い両方向回転ベゼル、大ぶりなリュウズなど、実用性を追求した本格的な仕様に男心がくすぐられる。

LONGINES ロンジン
リンドバーグ アワーアングル ウォッチ
ロンジンならではの伝統を感じさせる1本


SSケース、47.5mm径、自動巻き。57万2000円/ロンジン 03-6254-7351
1927年に大西洋単独無着陸飛行を成功させたチャールズ・リンドバーグが使用したモデルの復刻版で、経度計測のためのアワーアングル機能を搭載する。グローブ装着時の操作感を考慮したタマネギ型リュウズなど、そのディテールに往年の名機の遺伝子が刻まれている。


【関連記事】:ファッションに関するすべての製品と情報

ボヴェ 2021 新作モデル『ナインティーン サーティ フルリエ』発売開始

スイスの高級時計ブランド「ボヴェ」は、新ダイアルを採用した『ナインティーン サ―ティー フルリエ』をボヴェブティツク銀座および正規販売店にて発売スタートした。珍しいSSケースは店頭でチェックしてみたい一品だ。

1930年代の懐中時計のデザインを踏襲したコレクションに新ダイアル登場


930年代当時の懐中時計のデザインにインスパイアされ誕生した『スーパーコピー時計』は、ボヴェの象徴でもあるリューズとボウ(リューズを保護する弓環)が12時位置にセットされ、オフセンターにレイアウトされた時分表示ダイアルとスモールセコンドが特長である。また、このコレクションのために新たに開発されたシングルバレルの自社製手巻ムーブメントは7日間のパワーリザーブを有している。
ボヴェ独自の様式美“フルリザン装飾”



新作モデルは、従来のコート・ド・ジュネーブ模様と呼ばれるギョーシェ装飾ダイアルに変わり、時分表示とスモールセコンドを取り囲むダイアルの地板部分にフルリザン装飾が施されている。デイトナ スーパーコピーこのフルリザン装飾は、熟練した技術を習得した時計職人の手によって金属部に繊細で流麗に彫り込まれるボヴェ独自の様式美だ。



ケースバリエーションは18KRG とSS製の2種類。いずれのモデルもストラップには最高級アリゲーターを使用したレザーストラップを採用。18KRG ケースのストラップに使われるピンバックルはケース素材と同じく18KRG製となる。
■ボヴェ「ナインティーン サ―ティー フルリエ / 19thirty Fleurier」
手巻き。18KRGケース(直径42mm)。21,600振動/時。約7日間パワーリザーブ。30m防水。3,750,000円(税別)
手巻き。SSケース(直径42mm)。21,600振動/時。約7日間パワーリザーブ。30m防水。2,400,000円(税別)


【関連記事】:男性ならでは紳士的な魅力

【2021新作時計】ルイ・ヴィトン「タンブール カーブ フライング トゥールビヨン ポワンソン・ド・ジュネーヴ」

ルイ・ヴィトンより同社を代表するコレクションである「タンブール」より、フライングトゥールビヨンムーブメントを採用した新作モデル「タンブール カーブ フライング トゥールビヨン ポワンソン・ド・ジュネーヴ」が発売される。



カーボストレイタム®のケース、ホワイトゴールドのラグ、ブラックラバーのストラップなど、複数の素材を使用しながらも一体感を感じるのは、同社のデザインセンスが優れているからに他ならない。「タンブール」が発表から18年が経過した現在であっても、多くのファンから愛されていることが何よりの証明であろう。手巻き(Cal.LV108)。17石。2万1600振動/時。パワーリザーブ約80時間。Ti+カーボストレイタム®+WG(直径46mm、厚さ12.75mm)。30m防水。


最先端の素材とフライングトゥールビヨンによって進化を遂げた、ブランドの代表モデル



独特な模様を持つカーボストレイタム®のケース。100枚以上の各種カーボンシートをランダムに重ねて制御温度下で圧縮、マシンで研磨することでこの模様が現れる。このカーボストレイタム®はチタン製インナーケースに被せるようにセットされている。ラグは絶妙なカーブを描き、手首にフィットするよう配慮されている。
 特徴的なデザインを持つルイ・ヴィトンの「タンブール」は、2002年に同社初の本格的なウォッチコレクションとして発表された。独特な太鼓型のケースは当時でも斬新であり、ファッションブランドがデザイン重視で作ったのだろうと考えた方も少なくなかったのではないだろうか。しかしその実、可動するラグや低重心の設計による良好な装着感、立体感を演出したデザインなどが評価され、現在に至るまで同社のアイコンとして君臨し続けている。

 今回発表された「タンブール カーブ フライング トゥールビヨン ポワンソン・ド・ジュネーヴ」は、そんなブランドのアイコンに最新の素材と同社の持つ技術の粋を尽くして進化させたモデルである。ケースのデザインは“メビウスの帯”にインスピレーションを受けており、弧を描くようなシェイプが優雅な印象を与える。ルイヴィトン時計レディース特徴的なケースの模様は、カーボストレイタム®という100枚以上のカーボンシートをランダムに重ねることで生成される素材によるものであり、航空産業でも採用されるほどの軽さと高耐久性を誇る。



ダイアルからのぞくのは「ラ・ファブリク・デュ・タン ルイ・ヴィトン」の時計職人の手によって、120時間以上費やして生み出されるフライングトゥールビヨンムーブメントである。6時位置には最高の栄誉ともいわれるジュネーブ・シールが刻まれており、精度はもちろんのこと、優れた仕上げが施されていることが証明されている。
 オープンワーク(スケルトン)のダイアルからは、ジュネーブ・シールを取得したムーブメントCal.LV108を鑑賞することができる。9時位置に設置されたチタン製フライングトゥールビヨンキャリッジは、同社のモノグラム・フラワー モチーフからインスピレーションを受けたデザイン。ダイアル中央のブランドを象徴する「L」と「V」のロゴと相まって、ブランドの世界観をダイアルいっぱいに表現している。

 通常のモデルに加え、ダイアルの「L」と「V」、ラグやリューズ、インナーベゼル等にダイアモンドがセットされたバリエーションも用意されており、まばゆい光と特殊なケース素材による美しいコントラストを楽しむことができる。

【関連記事】:深く流行青い陶磁器評定す

ミドーよりツーカウンタークロノグラフ搭載の精悍なダイバーズウォッチが登場/「オーシャンスター クロノグラフ スペシャルエディション」

ミドーはツーカウンタークロノグラフを搭載したダイバーズウォッチ「オーシャンスター クロノグラフ スペシャルエディション」を発売する。クロノグラフと逆回転防止ベゼルによる計測機能、マイル表記のタキメーターによってヨットレースに適した仕様となっている。発売予定は2021年7月以降。



ミドー「オーシャンスター クロノグラフ スペシャルエディション」Ref.M026.627.37.051.00
ブラックを基調としたデザインにオレンジの差し色が映える。オレンジは同社のアイコンカラーだ。自動巻き(Cal.60)。27石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約60時間。SS+ブラックDLC(直径44.0mm、厚さ15.63mm)。20気圧防水。27万900円(税別)。


オールブラックが精悍な印象をもたらす多機能ダイバーズウォッチ
 ミドーは、ツーカウンタークロノグラフを搭載したダイバーズウォッチ、「オーシャンスター クロノグラフ スペシャルエディション」を発売する。高い防水性能に計測機能を組み合わせたこのモデルは、ヨットレースに最適な仕様となっている。

 ダイアルやケース、プッシャーやリューズ、裏蓋に至るまでブラックに統一されたこのモデルは、ただスポーティなだけではない。ポリッシュとサテン仕上げを効果的に使い分けたケース、セラミックス製のベゼルによって、エレガントに仕上げられている。もちろん、ダイバーズウォッチらしく、角ばったインデックスにはイエローのスーパールミノバが塗布され、ダイアルとのコントラストが高い視認性をもたらしている。



軽快なファブリックストラップも付属する。ダイアルのカラーリングに合わせ、オレンジのステッチが施されている。
 3時位置に30分積算計、9時位置にはスモールセコンドが搭載されている。6時位置には日付窓が設置され、左右対称のダイアルレイアウトが多機能ながらすっきりとした見た目を実現させている。このモデルにはクロノグラフと逆回転防止ベゼルによるふたつの時間計測機能が備わっており、異なる経過時間を同時に計ることができる。ダイアル外周のタキメーターはマイル表記となっている。これによって、オーシャンスターコレクションの持つ世界観を表現しているだけでなく、このモデルが真価を発揮するヨットレース等のマリンスポーツにおける利便性を更に高めている。

 搭載されるムーブメントは、クロノグラフ機能を搭載しつつ約60時間のパワーリザーブを誇るCal.60だ。同ムーブメントはETA7753の血を引くムーブメントであり、信頼性も十分だ。

 ブラックカラーのモデルの他、ブルーのダイアルとベゼル、チタン製のケースとブレスレットのモデルも用意される。2020年7月以降発売予定だ。

見た目はほぼ同じだが細部は煮詰まった

新しいスピードマスターは、既存のモデルに同じく、いわゆる第四世代に範を取ったデザインを持つ。仕上げも同じであり、ベゼルもセラミックスではなくアルミニウム製だ。ただし、いくつかのディテールが変更された。 既存モデルとの違いは以下の通り。

・タキメーターの90表記が、いわゆる「ドット・オーバー90(DON)」に変更

・ミニッツスケールが5刻みから3刻みに変更

・文字盤上のΩロゴが、プリントからアプライドに変更(ヘサライト製風防モデルを除く)



既存モデルとほぼ同じ文字盤。しかし12時位置のロゴがアプライドに変更されたほか、ミニッツインデックスの刻みが1/3秒刻みに改められた。文字盤に「MASTER CHRONOMETER」の表記を加えなかったのは、オメガの見識である。
・ベゼル上の TACHYMETRE 表記が拡大

 歓迎すべき変更点はミニッツスケールが1/5秒刻みから1/3秒刻みに改められたこと。1万8000振動/時のムーブメントであれば、1/5秒刻みのミニッツスケールは計測時間を正しく表示できるが、2万1600振動/時だとずれが生じる。半世紀を経て、オメガはようやく訂正を加えた訳だ。



最も喜ぶべきは新しいブレスレットである
 大きく重いスピードマスターは、お世辞にも装着感の良い時計とは言えなかった。加えて、中ゴマの大きく飛び出した弓管(オメガが言うところの「Tシェイプリンク」)は、ブレスレットの着け心地を悪化させた。対してCEOのアッシェリマンは19年の時点で、ブレスレットの改善を明言。以降リリースされたスピードマスターは、中ゴマの張り出しを抑えた「Uシェイプリンク」の弓管に変更されている。



この流れは新しいスピードマスターも例外ではなく、新しいブレスレットは中ゴマの張り出しを抑えたUシェイプリンクとなった。また、中ゴマの幅と長さが縮められたほか、おそらくは、ブレスレットのコマ数も増えているはずである。詳細は不明だが、この新しいブレスレットは、間違いなくスピードマスターの着け心地を改善するに違いない。合わせて、メタルブレスレットのクラスプは幅が15mm、レザーとナイロンストラップ用のデュプロイメントバックルは幅16mmと、既存のものに対してかなり細くされた。推測だが、新しいスピードマスターは、デスクワークの邪魔になりにくいかもしれない。

結論:オタクにも、そうでない人にも
 時計好きにとっての永遠の定番であるスピードマスター。実物は未見のため断言はできないが、耐磁性能と精度を高めた新ムーブメントと、劇的に改善されたブレスレットはこのモデルの魅力を大きく高めた、と言えるだろう。とりわけ「プラ風防」を採用したふたつのモデルは、控えめな価格といい、ソリッドバックといい、マニア心をくすぐる要素に満ちている。少なくとも筆者にとって、新しいスピードマスターは必ず買うべきモデルのひとつとなった。これほど夢に満ちた実用時計は、ちょっと他にない。


【関連記事】:北海道の最新ファッション情報

ベントレー×ブライトリング


まずはイギリスの高級車『ベントレー』。
コンチネンタルやミュルザンヌ、ベンテイガ等のモデルを有する世界のセレブ御用達のメーカーです。


そんなセレブリティカーとコラボしているのがスイスの高級時計メーカーである『ブライトリング』。
名前にもfor BENTLEYと名付ける。



このモデルはベントレーのホイールデザインを忠実に再現したローターや、ジラール・ペルゴラジエーターグリルのデザインを文字盤に落とし込んだりと、全体でベントレーの力強さを表現しております。

落ち着いたマリンテイストで大人の休日を満喫


腕時計21万5000円/フレデリック・コンスタント(フレデリック・コンスタント相談室 0570-03-1988)、ポロシャツ4万3000円/へリル(アンシングス 03-6447-0135)、パンツ3万3000円/ニート(にしのや 03-6434-0983)
エレガントなラウンドケースに、ネイビーカラーのダイヤルとラバーストラップでマリンテイストを注入する。水辺で過ごす、ゆったりとしたアフターランチ。リラックス感に満ちた休日の尊さを、最高の相棒とともに再確認する。



腕時計21万5000円/フレデリック・コンスタント(フレデリック・コンスタント相談室 0570-03-1988)、ジャケット2万9000円、パンツ2万円/ともにフリーマンズ スポーティング クラブ(フリーマンズ スポーティングクラブ ギンザ シックス 03-6263-9924)、シャツ2万8000円/ユーゲン(イデアス 03-6869-4279)、メガネ4万円/アイヴァン 7285(アイヴァン 7285 トウキョウ 03-3409-7285)
信頼性の高いスイスウォッチの品行方正な佇まいは、当然ビジネスシーンにも寄り添ってくれる。涼しげなネイビーカラーと遊びに満ちたディテールで、夏のビジネススタイルを軽快に彩るのだ。

味わいの異なる3色の選択肢

ロイヤル オーク オフショア」の派生モデルとして、2005年に登場したロイヤル オーク オフショア ダイバー。

ストーリーの始まりはドイツの時計店ヴェンペの創業100周年を祝うプロジェクト。当初は「ロイヤル オーク オフショア スキューバ ヴェンペ」という限定モデルとして発売された。

その後、別注という形で生産が続いていたが、2010年に現在のモデル名に改名し、正式にコレクションの仲間入りを果たした。



「ロイヤル オーク オフショア ダイバー」が支持される理由は、潜水ツールとしての機能を満たしつつ、遊び心が感じられるケース素材、ダイヤルカラーとそれに伴うラバーストラップの組み合わせから、選べるデザインの自由度にある。

2021年の最新作では、お馴染みの「メガタペストリー」の装飾を施したダイヤルに、上の写真のカーキと下のネイビー、グレーの3色を採用した。



「ロイヤル オーク オフショア ダイバー」SSケース、42mm径、自動巻き。280万5000円/オーデマ ピゲ(オーデマ ピゲ ジャパン 03-6830-0000)



ロイヤル オーク オフショア ダイバー」SSケース、42mm径、自動巻き。280万5000円/オーデマ ピゲ(オーデマ ピゲ ジャパン 03-6830-0000)
それぞれに印象の異なる3色は非常に選び甲斐のあるラインナップなのだが、あまりの人気からすでに予約が殺到しているという。

つづいては、そこまで支持を得る理由を探っていく。

【関連記事】​​​​​​​: 各種ブランド腕時計のメンテナンス

オリンピック体操選手が好きな腕時計おすすめブランドおすすめ

「カルバンクライン」は1968年に生まれたアメリカの人気ファッションブランド。スーパーコピー時計アメリカントラディショナルをベースにしたシンプルデザインのファッションアイテムを幅広く取り扱っており、男女を問わず支持されています。

カルバンクラインのビジネス腕時計は、シンプルながらも華やかな印象のモデルが多いので、ぜひチェックしてみてください。

カルバンクライン(Calvin Klein) City K2G2G1Z3

暗めのグレーの文字盤に、スタイリッシュなバーインデックスをあしらったビジネス腕時計です。文字盤の表面には円状のブラッシュ加工が施されており、シンプルながら華やかな印象のデザインに仕上がっています。

ケース幅は43mmと、存在感のある大きさ。ジラール・ペルゴ 時計高級感を引き立てるステンレス製のメタルバンドも魅力です。

防水性能は3気圧防水で、手洗い時に水滴が付いても安心。スーツはもちろん、大人っぽいキレイめカジュアルコーデにも合わせやすい、20代におすすめのビジネス腕時計です。

カルバンクライン(Calvin Klein) City Chrono K2G271C6

文字盤・針・インデックスをシルバーで統一したミニマルなデザインが魅力のビジネス腕時計です。ベゼルや針などは丁寧に磨き上げられており、光に当たると鏡のような上品な光沢を放ちます。

4時位置には日付表示用の小窓を配置。文字盤のセンターにあしらわれた3つのクロノグラフもおしゃれです。また、洗顔時に多少濡れてしまっても安心の5気圧防水も備えています。

価格は比較的リーズナブルなのが嬉しいポイント。シンプルで上品なビジネス腕時計を探している20代の方におすすめです。

オリンピックの重量挙げ選手の好きな腕時計おすすめ


マーク18。

お値段の方は、448,000円。

はるか昔に、雑誌「時計Begin」なんかでも、よくエクスプローラーと比較されていたIWCのマークシリーズ。

実際、ロレックスと迷ってIWCを選んだという人も多いのではないでしょうか。

当時は価格差もそれほどなかったですしね。

アラビア数字にシンプルなデザインの文字盤は、実際のところ着ける場面を選ばず、日常使いには重宝すると思いますよ。

個人的には、ブランド力、時計自体と価格のバランス等考えた場合、これほどバランスのとれた1本もないのではないかと思いますがどうでしょうか。

しなやかに手首にフィットする5連ブレスも、非常によく作り込まれております。


インヂュニア。

お値段の方は、438,000円。

インヂュニアは色々なデザインのものが存在しますが、こちらは現行モデルの中古になります。

個人的には、かのジェラルド・ジェンタ氏の手掛けたインヂュニアが好みですが、IWCのレディースこちらのモデルも無駄を省いたシンプルなデザインがよいですね。

1950年代のモデルを意識したデザインということで、この年代のアンティークは中古市場でもかなりの高値で取引されております。

厳密にはスポーツモデルではないかもしれませんが、ロレックスのスポーツモデルを考えている方なんかにも見事にはまるデザインではないでしょうか。

今デイトナ Ref. 116500LN(黒文字盤)を売ると・・・

ロレックス コスモグラフ デイトナ Ref.116500LN(黒文字盤)を売却した金額で買える時計のラインアップを見てみましょう。約320万円までの時計が選べるため、希少なアンティークロレックス、チャペックなど、その選択肢は非常に豊富です。また予算を抑えて160万円程度の高級時計を2本買うという選択肢もありではないでしょうか。
※価格は2021年6月現在のジャックロード販売価格です。販売価格は予告なく変更になる可能性がございますので予めご了承ください。


レックス エクスプローラ ミラーダイアル Ref.1016

当店販売価格:2,450,000円(税込)

例えばこちらのロレックス アンティークモデルが購入可能です。通称「ミラーダイヤル」と呼ばれる希少なモデル。エイジングした文字盤や針は、アンティーク(ヴィンテージ)ならではの風合いを愉しむことができます。


チャペック ケ・デ・ベルク エテルニテ No.33S Ref.CZQDB33S

メーカー希望小売価格:4,378,000円(税込)
当店販売価格:2,480,000円(税込)

他にも例えばチャペックが購入可能です。Chronode社との共同開発ムーブメントcal.SXH1を搭載し、スケルトン仕様の裏ぶたから覗くことができます。ツインバレルの7日間パワーリザーブを備えたタイムピースです。


フランク・ミュラー ヴァンガード マスターバンカー Ref.V45MBCSDTACNR

当店販売価格:1,280,000円(税込)

予算を抑えて160万円程度の高級時計を2本買うという選択肢ならば、こちらのフランク・ミュラーもおすすめです。タイムゾーンの異なる3か国の時刻を表示できるマスターバンカー。文字盤中心の縦に並んだ2つのインダイヤルでそれぞれ第2時間帯・第3時間帯の時刻を表示します。機能もさることながら、ラグをなくしケースとベルトを一体化させたスマートなデザインも魅力です。

【関連記事】:ファッションに関するプロジェクト一覧

オリンピックのヨット選手が好きな腕時計です。


ドイツブランドの中でも随一の知名度を誇るのが『ユンハンス』だ。同ブランドはドイツ最大の時計メーカーとして知られており、日本ではシンプルな「マックス・ビル」シリーズが人気を集めている。だが「マックス・ビル」以前よりリリースされている「マイスター」も忘れてはいけない。1930年代から60年代までのデザインを務めたアントン・ツィーグラー氏によるコレクションをベースとしたクラシックな面持ちのシリーズで、「マックス・ビル」にも連なる視認性に優れた工業的な美しさを宿している。ウブロ 時計 評判その種類も多岐にわたっており、上記のようなパイロットウォッチから、ドライバーウォッチモチーフまで男心をくすぐるラインアップが揃う。


有名ブランド各社の時計製造に携わっていた歴史を持つ『モーリス・ラクロア』。メッシュ状のインダイヤル内を秒針が周回する「ミステリアスセコンド」などの確かな技術力から発信される複雑機構にも定評があるが、ここ数年におけるヒット作といえばやはり「アイコン」シリーズだろう。かつて同ブランドのクォーツモデル人気を博した「カプリソ」を踏襲し、磨きの仕上げを変えつ6本のツメをベゼルに配置。ストラップも直線的でエッジを立たせたスタイリッシュなデザインとなっており、プライス以上の作り込みを感じさせる。これだけのデザインを詰め込みつつ、決して華美に魅せない手腕には脱帽するばかりだ。


2010年創業の日本の時計ブランド。ウブロ 偽物「クリーンな心地よい生活」をテーマに、ライフスタイルに寄り添う独創性豊かなデザインウォッチで人気を博している。「デイアンドナイト」は『タックス』初となるスイス・ロンダ社製の多機能24時間ムーブメントを採用。文字盤の上半分が“デイ(日中)”の太陽、下半分が“ナイト(夜間)”の月を表しており、1日かけてゆっくりと針が回るさまは、時間に追われたくないという現代人の願いが形になったかのようだ。まさに、究極の休日時計だろう。

父の日オリンピック新体操選手が父に時計を贈る

フランス語で "ドラム "を意味するタンブールのケースは、2002年に登場して以来18年の間に、ミニッツリピーターをはじめとする数々の複雑機構を搭載してきた(タンブール ミニッツリピーターは2011年のバーゼルワールドで発表され、当時ホディンキーもその場にいた)。また、2011年には、ミシェル・ナバス氏(Michel Navas)とエンリコ・バルバシーニ氏(Enrico Barbasini)によって2007年に設立されたジュネーブの複雑機構専門の工房「ラ・ファブリク・ドゥ・タン(La Fabrique du Temps)」を買収したことも発表していた。この2人は以前、名匠ジェラルド・ジェンタの下で働いていた経験があり、現在は廃業しているBNBコンセプトの共同創設者でもある。この二人は、ローラン・フェリエのトゥールビヨンやマイクロローター・キャリバーの製作者として知られている。

 その後も、両氏はルイ・ヴィトンに機械式コンプリケーションを取り入れ続けていた(昨年発表された、ムーブメントがケースの中で宙に浮いているように見える "ミステリー "バージョンのスピンタイム・コンプリケーションも含む)。オーデマピゲ 時計 メンズ今年は、ルイ・ヴィトンの新作「タンブール カーブ フライング トゥールビヨン ポワンソン・ド・ ジュネーブ」を発表している。


 本機のタンブールケースは、底部の直径が46mmで、内側に傾斜してベゼル面の直径が42mm、厚さは12.75mmとなっている。ケース構造はかなり複雑で、外装はカーボストレイタム(キャメルキャップのような次世代の素材科学の結晶だ)と呼ばれる独自のカーボンファイバー複合材で、100枚のカーボンファイバーから始まり、金型の中で加熱・圧縮されてランダムに層状の素材を形成するという。ケースをフライス加工して形を整えていくと、ショットシルクのようにキラキラと輝く模様や、油と水のように混ざり合わない2つの液体を合わせてできた模様が浮かび上がってくる。この外被をチタン製のインナーケースの上に乗せ、サンドブラスト加工を施したチタン製のラグで仕上げる。この場合のタンブールケースも、横軸が大きく縦軸が小さい、やや扁平な形状になっているのだ。


 また、ラグとリューズにチタンを使用し、ホワイトゴールドを使用したハイジュエリーバージョンも製作されているという。合計4.22ct、354個のダイヤモンドがセットされている。ルイ・ヴィトンのロゴにはラウンドブリリアントのダイヤモンドが施されており、デザイン全体の中で非常に目立っている(意図的なものだろうが)。


 ムーブメントのブリッジワークにグラフィックデザインの要素を取り入れることは、現代の高級時計製造において、それ自体が一つのジャンルとなっている。よく知られている例としては、カルティエのサントス ノクタンブールや、シャネルは、キャリバー3のような時計に自社のロゴ要素をさりげなく取り入れている。タンブールカーブ フライングトゥールビヨンのムーブメントは、ラ・ファブリク・ドゥ・タンで製造されたCal.LV 108/9(ダイヤモンドセットバージョンは109)で、ブリッジにはNAC(ナノアモルファスカーボン)処理が施されている。ラ・ファブリク・ドゥ・タンはジュネーブに位置しているため、キャリバーはジュネーブシールを取得することが可能だ。さらにジュネーブシールには、美観やムーブメント構造の特定の要素にも要求されている。そのため、ヒゲゼンマイを固定するジュネーブスタイルのプレート型ヒゲ持ちなど、かなり伝統的なハイエンドムーブメントの時計製造がなされていることをそれを語っているのだ。


 ルイ・ヴィトンのモノグラムは、近代的ロゴの元祖の一つであり、1896年に最初に使用された理由は、同社の本物のラゲージを偽ものと簡単に区別できるようにするためだった。(私が読んだ限りでは、現代的な抽象的ロゴの最初のものは、その20年前の1876年に発表されたバス・エールの赤い三角形のロゴだったようだ)。ロゴやモノグラムは、一般的にルイ・ヴィトンでは和風の花や四つ葉のように使われており、これはビクトリア朝後期に貴族の家系を表すために使用された抽象的または半抽象的なシンボルである「和紋」や「家紋」に対する関心から生まれたものだ。


 明らかに、これらの時計は(非常に)裕福なルイ・ヴィトンのスーパーファンを対象としたものだ。 自分は、このような時計にふさわしいステータスをもつと思ってはいないものの、試してみる機会があればぜひダイヤモンドセットのモデルを試着してみたいところだ。乗りかかった船は簡単に降りられないというわけだ。
 非ダイヤモンドセットモデルは、LVのモノグラムとよりうまく統合しているが、ルイ・ヴィトンへの熱意を表したい場合は、バゲットとブリリアントバージョンが最適だろう。ダイヤモンドとケースはどちらも“カーボン製”で、化学的なちょっとした違いが見た目と魅力に大きな違いをもたらしているのがポイントだ。

【関連記事】​​​​​​​: 【2021年】時計業界の新作発表は完全オンラインへ

ページ移動